DS.INSIGHT都道府県庁, 政令指定都市様向け 提供プログラム

お知らせ

この度、新型コロナウイルス感染症対策に活用いただくため、ヤフーのビッグデータをブラウザー上で調査・分析できるツール「DS.INSIGHT」を都道府県および全国の政令指定都市への無償提供を開始いたします。
(プログラム提供期間:2020/4/1 - 2021/3/31)

提供対象自治体では、外出自粛要請の効果分析や、住民の不安やニーズ把握等への活用、たとえば最新の住民の検索傾向から住民の不安やニーズを発掘したり、地域内の人流データから外出自粛要請の効果測定を行うとともに住民に対する広報へ反映させたりといった活用方法を想定しています。


本プログラムの詳細についてはこちらより資料をダウンロードできます。


[注意点]
・都道府県庁、政令指定都市からのみの受付となります。
・各自治体に1契約としております。同一自治体向けに複数のお申し込みがあった場合、最初にお申し込みいただいたご担当をご案内しますので、庁内でIDの配布をご調整ください。

「都道府県庁, 政令指定都市様向け 提供プログラム」お申込みはこちら
Yahoo! JAPANでは今後も、ITやビッグデータの力を使い、新型コロナウイルス感染症対策に役立てていただけるさまざまな取り組みを進めてまいります。



DS.INSIGHT活用事例

People

DS.INSIGHT Peopleでは検索データから一般生活者の興味関心や悩みを可視化します。



「観光」を含む検索キーワードを可視化しました。
すると京都や鎌倉、大阪や金沢などの地域とともに検索されてたことがわかります。
観光を検討していたであろう人々が、どこの地域に興味があったのか?この結果から推測することができます。

 


またDS.INSIGHT Peopleでは性別や年代、地域の絞り込みをすることができます。
そこで「観光」を含む検索キーワードを大阪からに絞り込み、可視化しました。
すると先程に比べ淡路島や和歌山、奈良など大阪から近い地域がともに検索されていたことがわかります。

このように検索データから興味関心を可視化することでき、今回のケースの場合「観光」でどこの地域に興味関心があるのか、また検索された都道府県を絞ることで、地域に根差した検索を把握することが可能です。

Place

地域の生活に根差したYahoo!検索を行うのは、女性の方が多い傾向にあります。
こちらは、2020年4月2日〜4月8日の上昇キーワードのランキングです。 各地域を指定しての検索の過半が女性によって行われていることがわかります。

そのため、ご担当の地域でいま何が調べられているかを把握するにはDS.INSIGHTのPlaceで「特有の興味関心キーワード一覧」を女性に絞って確認されると効率的です。 埼玉県さいたま市の場合で方法をご説明します。
左側にある「絞り込み」にマウスをおき、性別の「女性」をクリックで選択します。


次に、人口ヒートマップの下部にある「人口推移(日単位)」の青い「住民」の折れ線の一番右端にマウスを合わせてクリックします。

すると、「人口推移(日単位)」の右側にある「特有の興味関心キーワード一覧」の内容が最新日付のものに変わります。 埼玉県さいたま市の最新日付で、女性の地域住民が特徴的に調べたキーワードが左上から順に並びます。 これらの中に、関連した最新情報を周知すべきものがあがっていないかを確認することができます。


よくあるご質問

DS.INSIGHTはどんなツールですか?

地域の人流、人々の興味・関心をヤフーのビッグデータにより可視化するツールです。 迅速な地域課題の把握は可能です。

自治体の利用について、どのような想定がありますか?

検索データを用いた「People」は、住民の新型コロナ関連のニーズや不安に感じられている点などを見つけることができ、 住民向けのコミュニケーションへの反映などに活用いただければと考えています。
"コロナウイルス"、"マスク"、"緊急事態宣言"などのキーワードとあわせて検索されたワードや、検索した年代属性などから、 関心の傾向や動向を把握し、効果的な情報発信や施策検討に活用できます。
人流データを用いた「Place」では、外出自粛要請の効果検証やその後の対応等に活用いただければと考えています。
各自治体の人流の分布や、都道府県、市区町村への流入する推定人口が把握できます。

利用の範囲に制限はありますか?

都道府県庁の業務範囲 および 所属する 市区町村の業務範囲に限ります。

どのような利用実績がありますか?

コロナウイルス対応については、前述の"自治体の利用について、どんな想定がありますか?"を参照ください。今後、利用実績などを共有していければと考えております。

利用方法を教えていただけますか

お申し込み後にオンラインでの利用セミナーをご案内します。利用方法やQ&Aなどを実施しますので、ご安心ください。

同じ自治体から複数の申し込みがあった場合は、どうなりますか。

申し込みいただいた自治体さまで調整をいただきます。 IDを5つ利用できるため、複数の部局で利用可能です。

DS.INSIGHTの分析結果を公開したい場合はどうすればいいですか。

公開は可能ですが、事前に弊社担当者までご連絡をお願いいたします。

プログラムの申し込みはどこからできますか。

本プログラムのお申し込みは「こちら」のフォームより必要事項記載頂き、お申込みください。

ライセンスの追加はどうすればできますか。

本プログラムでは、5IDまでの提供となっております。5IDまでは、下記の通り対応をお願いします。

ステップ1) 従業員の新規登録(下記ヘルプページをご参照ください)
https://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/a_id/40011/p/519

ステップ2) 利用する方のステータスを「利用中」に変更
まず代表者様が以下「DS.INSIGHT」にログイン願います(ビジネスIDを使用)。
https://dsinsight.yahoo.co.jp/
ログイン後、「利用情報」をクリックしたあとの「ライセンス管理」画面でご利用いただく方のステータスをクリックし、「利用中」に変更してください。