最新の資料はこちらから!
資料ダウンロード
お客さまのビジネスに今すぐ役立つ、データに関する最新情報を定期的にお届けします

1年半前に発表したトレンド予測は今どうなったのか? 検証してわかったトレンド予測のポイント

レポート

[アナリスト:池宮 伸次]

2022年末、ヤフー・データソリューションレポートはデータに基づいたスコアリングを用いて、ブレイクしそうな人や物を抽出するシステムを開発し、そのシステムを活用した予測レポート「『商品トレンドマップ』が算出した2023年流行る10アイテムとは」を公開しました。

2023年AIヒット予測
この機能はDS.INSIGHTに「DS.INSIGHT Trend」として導入され、DS.INSIGHTをご契約している方は誰でも利用できるようになりました。

さて、当時の予測に関してその後の結果が気になる方も多いのではないでしょうか。
そこで、当時予測したキーワードのその後の検索数推移を調べ、そこから得られたトレンド予測における知見などをご紹介したいと思います。

【発表以降の検索数はどう推移したのか?】

まず、発表以降の検索数の推移を見てみましょう。データ作成日である2022年11月27日週を基準にして、最新週(2024年5月6日週)までの検索数推移を分析しました。また、最新週の検索数が作成日よりも多かった場合には「増加」のラベルを付けています。

10アイテムの予測はその後どうなったのか
発表から約1年半が経過し、様々なパターンが観察されました。発表以降、検索数が順調に増え続けているもの、一時的に急上昇したものの全体的には横ばいであるもの、すでにピークを迎え減少傾向にあるものなどです。

その中でも、検索数が順調に増え続けているアイテムをいくつかピックアップして紹介します。

ヒット予測後に大きく伸びたアイテム
ヒット予測後に大きく伸びたアイテム
ヒット予測後に大きく伸びたアイテム
ヒット予測後に大きく伸びたアイテム
一部の予測についてはいまだに検索数が大幅に増え続けており、ブームの前兆段階で把握できた、と言えるアイテムもありそうです。

【トレンド予測において得られた知見】
一方で、トレンド予測を実施するにあたって難易度の高い要素も見えてきました。いくつか例を挙げると以下の通りです。

・トレンドのピークタイミングの予測が難しい
・予測アイテムの今後の予定がわからない
・トレンド入りの流れにのるにはタイミングも重要

トレンドのピークタイミングの予測が難しい
1つ目は「トレンドのピークタイミングの予測が難しい」という点です。「DS.INSIGHT Trend」は、ゆっくりと検索数が増え続け、今後も検索数が増えるであろう状態をスコア化しています。しかし、そのピークはいつ訪れるのか、つまりポテンシャルの最大を予測することは難しいです。そのため、予測後すぐにピークが訪れたキーワードも存在します。この点については、より高精度の予測を目指すための工夫が必要だと考えています。

2つ目は「予測アイテムの今後の予定がわからない」という点です。商品によっては期間限定であったり、特定のシーズンのみであったり、次の新商品への切り替えが決まっているなど、スケジュールや展開予定などが検索キーワードの推移データだけでは把握できない場合があります。この点も考慮してより正確な予測ができるようにしたいと思っています。

3つ目は「トレンド入りの流れにのるにはタイミングも重要である」という点です。過去の大ヒット商品の検索キーワードに関してその検索数推移データを見ると、共通することがあります。それは、テレビで取り上げられたり、SNSで話題になったり、ニュースで紹介されたりなど、複数回の急な話題性の上昇があり、それに伴って通常の検索数の基準ラインが上がる、つまり認知が拡大するという現象が発生するという点です。

大ヒット商品に見られる検索数推移傾向
検索数がじわじわと伸び続けている良い商品はたくさんありますが、そこから大ヒット商品に繋がるためには、話題のピークを適切なタイミングで作り出すことが重要であると考えられます。ヒット商品の理解において、この話題性とタイミングを理解することがトレンド予測における重要なカギとなると考えています。

これらの知見をもとに、より精確なトレンド予測を目指していきたいと思います。

※ 今回公開したデータを含め、ヤフー・データソリューションは、お客さまのデータを統計データとしたうえでデータの可視化や分析結果をご提供するサービスであり、個人を識別できるデータ (パーソナルデータ) については、お客さまから新たに同意をいただかない限り外部に提供することはありません。
※本記事の内容は公開日時点の情報です。
お客さまのビジネスに今すぐ役立つ、データに関する最新情報を定期的にお届けします
まずはお気軽にお問い合わせください
お問い合わせや資料請求を無料で承っております。
貴社の課題解決に最適なご提案をさせていただきますので、まずはお気軽にご連絡ください。