東京・愛知・大阪・福岡への近隣県からの来訪調査レポート

レポート
[データ作成:エンジニア 森 琢郎]

5月14日に、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため「特定警戒都道府県」に指定されていた13都道府県のうち茨城県、岐阜県、愛知県、石川県、福岡県は解除となりました。 そこで、特定警戒都道府県にまだ指定されている東京都・大阪府と、解除された愛知県・福岡県への近隣県からの推定来訪者数を前年同月同曜日と比較した日別指数で可視化しました。
対象期間は、5月11日から17日までの1週間です。

指定解除となった愛知県と福岡県への近隣県からの来訪指数は、双方ともに土日よりも平日5日間の方が高く、ビジネスでの来訪がそれ以外の目的の来訪より減っていないことがわかります。





依然として特定警戒都道府県に指定されている大阪府では、雨天の影響からか土曜日が落ち込んでいます。
また、愛知県、福岡県と同様に平日は土日よりも高いレベルで推移していました。



最後に東京都です。
東京都とその近隣県も指定は解除されていませんが、雨天の土曜日のあと晴天の夏日となった日曜日は、神奈川県と千葉県からの来訪指数が1週間で最高となりました。

平日の3県からの来訪は今回取り上げたエリアの中で最も低い水準のため、商用目的の来訪は自粛が強かったものの、それ以外の外出がこの日曜日に多かったことが示唆されます。




ヤフー・データソリューションでは、今後も新型コロナウイルス感染症対策やその影響の分析に役立てていただける調査レポートの発信を行っていく予定です。

※ 今回公開したデータを含め、ヤフー・データソリューションは、お客さまのデータを統計データとしたうえでデータの可視化や分析結果をご提供するサービスであり、 個人を識別できるデータ (パーソナルデータ) については、お客さまから新たに同意をいただかない限り外部に提供することはありません。