資料ダウンロード お問い合わせ

Yahoo!ショッピングから見える巣ごもり消費の動向

レポート
[アナリスト:衣目 麻里]

緊急事態宣言に伴い外出自粛も一ヵ月以上経ちましたが、「巣ごもり消費」という言葉が生まれたように、自宅や自宅近辺で過ごすための消費が増えています。特にネットショッピングでの消費が中心となりました。

そこで今回は、Yahoo!ショッピングのデータを利用して、「消費が増加しているもの」「消費が減少しているもの」についてレポートしたいと思います。

まず、2020年4月から5月のゴールデンウィーク(以下、GW)明けの期間で、取扱高の前年度比率=伸び率として、Yahoo!ショッピングの第一階層カテゴリ毎に見てみます。



一番伸びているカテゴリは「ダイエット、健康」で約4.0倍、その次に「本、雑誌、コミック」が約2.0倍、次いで「ゲーム、おもちゃ」が約1.7倍となりました。伸びが弱いカテゴリは「CD、音楽ソフト、チケット」「スポーツ」「ファッション」などとなりました。

(※補足 集計対象期間は2020年4月1日~5月10日。カテゴリ分類はストア様の出店時の判断に準じており、売上金額が一定数に満たないカテゴリはフィルタしています。)

伸びているカテゴリ、特にゲーム・おもちゃは何が売れているのか?
「ダイエット、健康」カテゴリはご想像通り、マスクやハンドソープなどの衛生日用品の購入がほとんどの割合を占めています。では、「ゲーム、おもちゃ」では何が伸びているでしょうか。

伸びている上位10件の第二階層カテゴリをみてみると、自粛生活を自宅で楽しむためのアイテムが上位に並んでいることがわかりました。



1位・2位の「パズル」・「ボードゲーム」の伸び率が大きく、週末やGWのおうち時間を楽しむために購入されたと想像できます。

3位の「おもちゃ」カテゴリをもう少し詳しく見てみると、「ブロック」と「バーチャルペット」が前年度比約3.7倍と伸びており、子供と自宅で過ごすための知育玩具を探す様子や、一緒に過ごせるペットロボットが増えていること等がわかり、興味深い結果となりました。



伸びが弱いカテゴリ、ファッションでは何が売れていて、何が売れていないのか?
次は伸び率が弱い「ファッション」カテゴリを詳しく見てみます。

外出自粛となり洋服を買わなくなったなと思う方も多いかと思いますが、その中でも伸びているカテゴリは何でしょうか。「レディースファッション」において何が売れているかを見ていきます。



春先にも関わらず「スヌード・ネックウォーマー」が伸びているのは、マスクの代替品であると想像されます。これは「スポーツ」カテゴリでも同様な傾向がみられ、散歩や買い物はもちろん、ランニング中のマスクの代替品としてネックウォーマーやネックゲイターを装着するなどの工夫をされているのがわかります。 その他「ネックストラップ」「手袋」も除菌や感染防止対策として購入されているかと考えられます。

それ以外では「ルームウェア・部屋着」が2.85倍、「パジャマ」が2.64倍となっており、自宅や自宅近辺で過ごすための服を追加購入したり、オンライン会議で映るためのリラックスできるがある程度しっかりして見えるルームウェアを購入している様子がうかがえます。
反対に、「ファッション」カテゴリにおいて伸びていないカテゴリは、「パーティードレス」で前年同月比80.6%減と大幅に減少しており、外出自粛に伴い、結婚式や新年会などが自粛されたからと想像されます。同様に「着物」が49.2%減、「セレモニースーツ」が45.0%減でした。

自宅にいることで購入が増えたと言われる「家電」カテゴリでは何が伸びているのか
最後に、自宅で過ごす時間が増えたことで需要が伸びたと言われる「家電」についてみてみましょう。



「家電」は「コロナウイルス関連(加湿器・ミシンなど)」、「自宅ごはんの充実関連(炭酸水メーカー、ホームベーカリーなど)」、「おこもり美容(スチーマー、頭皮エステ)」、「セルフケア関連(電気バリカン、ネイルポリッシャーなど)」が特徴として伸びていることがわかります。





3食の食事をすべて自宅で食べることが増えるために楽しく簡単に済ませるための工夫としてホットサンドメイカーやホットプレートを買っていたり、たくさん時間がある中でホームベーカリーでパンを焼くことを楽しんでいる人がいる様子がうかがえます。また、せっかくのおうち時間をおこもり美容の時間にあてて有意義な時間を使っている人もいることがわかりました。


その他興味深いカテゴリの上位トップ10は

-コスメ、美容、ヘアケア-
-ダイエット、健康-
-キッチン、日用品、文具-
-家具、インテリア-
-花、ガーデニング-
-食品-


以上、Yahoo!ショッピングにおいて、2020年4月~5月GW明けの間に伸びているカテゴリを分析しました。カテゴリの詳細を細かくみていくと、家での生活をより楽しく・快適に過ごす工夫を見て取ることが出来ました。外出自粛の期間ももう少し続きますが、工夫しながら過ごしていきたいと思います。



ヤフー・データソリューションでは、今後も新型コロナウイルス感染症対策やその影響の分析に役立てていただける調査レポートの発信を行っていく予定です。

※ 今回公開したデータを含め、ヤフー・データソリューションは、お客さまのデータを統計データとしたうえでデータの可視化や分析結果をご提供するサービスであり、個人を識別できるデータ (パーソナルデータ) については、お客さまから新たに同意をいただかない限り外部に提供することはありません。